2月 引っ越し 料金相場

新しい物件を探す際どうしても家賃や部屋の広さに目が行きがち…
部屋の広さだけに気を取られ身近に必要なチェック項目を忘れて引っ越しをしてから後悔をする人が多くいます。

 

今回は、引っ越しをする際に合わせてチェックしておきたい点についてまとめました。
是非参考にしてみて下さいね。

 

 

 

 

今まで使っていたもののサイズチェック

 

意外と視野に入っていない点ではないでしょうか。
物件によって大きく違うのが、天井の高さや水回りの幅です。

 

今まで使っていた「家電や家具」が使えないとなると、また買いなおさなければいけなくなり余計な出費が増えてしまいます。
物件を見に行く際に、メジャーを持っていきサイズを測っておくといいでしょう。

 

 

家具

今の物件に合うように買った家具
奥行きや幅などの関係から新居で、中途半端な置き方しかできず空間を上手く使えない場合が多くあります。
一番ありがちなのは「ベット」です。

 

物件によっては、部屋が真四角ではなく角に柱が出ている物件もあります。
その場合は、上手くはまらない場合がありますので内観に行った際少し気になる部分の幅を測っておくようにしましょう。

 

 

家電

冷蔵庫や洗濯機を置く場所なんて、どこも一緒でしょ?
なんて思っていたら大間違いです。

 

実は若干の差があります。
広い場合については問題ありませんが、狭かった場合買い直しです。

 

電化製品は安い買い物ではない為、サイズについては要確認です。

 

 

 

カーテン

天井の高さによっても窓の高さは変わってきます。

 

短くて太陽の光が入ってくるが嫌だという方は、窓の高さを測っておきましょう。
カーテンは、あまり高い買い物ではありませんのでサイズが合っている方が良いという方は事前に購入しておくといいでしょう。

 

 

 

 

 

新居で確認しておくべき細かい点

 

部屋のサイズも大切ですが、快適に過ごすには確認しておくべき点はいくつかあります。
実際に生活をしてみて、個々見て置けばよかった。。。などとならないよう参考にしてみて下さい。

 

 

収納サイズ

意外と大切な収納
今収納に収めている荷物が入るのはもちろんですが、新しく済んだ場所で追加で増えたものなどが収納できるスペースがあればなお可です。

 

収納に入らないと、部屋に出しておかなければいけなくなってしまいますので広さのチェックは忘れずに行いましょう。
服をクリアケースなどに入れて収納している方は奥行きを要チェックです!

 

 

意外と奥行きがなく、今使っているクリアケースが入らないなんてことがあります。
また、収納には引き戸とスライドがあります。スライドの方が収納前の幅を気にしなくていいのでオススメです。

 

 

忘れがちな収納でチェックしておく場所は「トイレ」「洗面台」「台所」

 

トイレットペーパーを置く場所や、洗濯の際の洗剤や柔軟剤を置く場所・台所の食器や鍋を置く場所など意外と必要な収納です。
今持っているものが入るかを、内観の時にしっかりと見ておきましょう。

 

 

 

ネットワーク環境

今ではネット環境は必需品といっても過言ではありません。
インターネットが繋ぐことが出来るかの確認も必要ですが、携帯電話の電波が入るかの確認は要チェックです。

 

携帯の電波が入りにくい場所もありますので、内観の際携帯電話の電波状況を確認してみましょう。

 

 

 

 

家の周りの環境

スーパーやコンビニ・病院をチェックをしている人は多いですが、公園・幼稚園・小学校・大学などもチェックしておきましょう。
自分には関係ないな…と思いがちですが、関係なくても確認をしておくことをオススメします。

 

 

公園などは、昼間子供の遊び場となりにぎやかな場所になり、夜になると大人のたまり場になりやすい場所です。
小学校も、外での授業や運動会などの練習など夜勤の人にとっては、決して静かな環境とはいえません。

 

大学が近くにあるとマンションに学生が住んでいる可能性が高いので、夜などたまり場になり騒音に悩む可能性が高くなります。

 

 

色々確認しておくといい点はありますが、確認には時間も手間もさほど要しませんので是非確認をしておくといいでしょう。
せっかく新しい家に引っ越しをするのですから、より快適な環境を選びましょう。