2月 引っ越し 料金相場

 

引っ越しをする際に、必要なのが物件探しです。
時間がないといって、おろそかにしていると後々後悔することになりかねません。

 

物件を探す際のポイントは、どうしても譲れない点をリストアップすることです。

 

2階以上
オートロック
駅から近い
角部屋
日当たりが良い
バス・トイレ別
ペット可
スーパーが近い

 

など、人によっても譲れない点は変わってきます。
譲れない点をすべてクリアするとなると、どうしても家賃が高くなってしまいますので優先順位を付けましょう!!

 

 

 

知っておくべきポイント

 

物件を探す際、重視するポイントとして共通しているのが「方角」ではないでしょうか。
南向き>東向き>西向きの順で良いとされています。

 

 

南向き
太陽は東から上り西に沈みますので、基本的に常に日差しが入るのが南向きです。
日差しが入るので、冬はあったかく洗濯物も乾きやすいのが南向きです。

 

夏は逆にとても暑くなります。
そういった多少のデメリットはありますが、人気なのは常に光が入る南向きです。

 

 

東向き
朝は太陽が昇りますのでとても明るくすがすがしいのが東向きです。
しかし、午後は日差しがあまり入りませんので冬場は早めに洗濯物を干さなければ乾きにくいという点があります。

 

 

西向き
朝は太陽の日差しが直接入りませんが、午後は日差しがたっぷりです。
洗濯物が乾かないという心配はありません。

 

朝の太陽の光は必要でないという方や夕方の西日が嫌いでないという方は西向きの物件を選ぶといいでしょう。

 

 

北向き
太陽の光がほぼ入りませんので、冬場は洗濯物が乾かない・寒いという点があります。

 

 

このように方角によって、部屋に入る光は全く変わってきます。
一般的に好まれるのは「南向き」ですが、仕事上夜勤が多い方は「北向き」の物件のほうが日中に光があまり入らずゆっくりと寝れるというメリットがあります。

 

ライフスタイルによって、方角の特徴を参考にし物件選びをすることがオススメです。

 

 

 

騒音・防音について

 

とにかく安く!それならどんなにうるさくても気にならないという方は、どんな物件でも特に問題はありません。

 

しかし、周りの音が気になる・隣がうるさいのは嫌だなどと静かにゆっくりと自宅で過ごしたいという方にとっては、しっかりと物件を探しましょう。
木造よりも「鉄筋コンクリート造り」の建物の物件がオススメです。

 

 

物件によっては「二重天井」「二重窓」などというものもあり、より防音効果があります。
うるさいのは本当に嫌だという方は、不動産の方に防音がしっかりしたところを優先順位上位に伝えましょう。

 

また、外の音が気になる場合は「インナーサッシ」という、自分で二重窓にすることが出来るサッシも取り付けることが可能ですのでそちらを利用するのもいいでしょう。

 

 

 

→→ http://hikkoshizamurai.jp/

 

 

不動産選びのポイントは?

 

道を歩いていたら何件も見かける不動産業者
どこを選んでいいかわからくなると思います。

 

不動産にも「口コミ」や「評価」などが、ネットに書き込まれているので是非依頼する前に調べてみて下さい。

 

また、気になる物件がある場合は複数の不動産業者に依頼メールを送ってみましょう。
今は、ネットで物件を探すと一括依頼が出来るようになっているものが多いので、そちらを利用してみるといいでしょう。

 

直ぐに対応メールが来る
希望物件に近い物件紹介も送ってくれる
対応が親切

 

このような不動産業者は、安心して依頼をしてもいいでしょう。

 

 

逆に
マニュアルのような対応
対応メールが遅い

 

などという不動産業者は、やめておいた方がいいでしょう。

 

 

「直感で」この業者はいいなと思った業者が見つかれば、一度足を運んで実際に物件選びを依頼してみましょう。

 

 

如何でしたでしょうか。
一つに物件選びといっても、様々な選択があります。

 

あなたが譲れない点は、絶対に譲らない方が後々後悔はしません。 
是非参考にして、快適な物件を探してくださいね。

 

 

 

 

 

【関連記事】

 

2月の引越し相場料金|引っ越し費用を安く抑えるポイント

 

一人暮らしの引越しでお得に引っ越すポイントは?

 

今の物件から新しい物件に引っ越す際の、チェックしておくべきポイント!